3.30 Notes

熊野・新宮の「大逆事件」前後―大石誠之助の言論とその周辺

Posted: 30 Mar 2014 06:01 AM PDT

41Aa-0XKuhL._SL160_.jpg

CazusciBooklog?d=yIl2AUoC8zA CazusciBooklog?d=qj6IDK7rITs

定本 黒部の山賊 アルプスの怪

Posted: 29 Mar 2014 07:49 PM PDT

51dixoBkAWL._SL160_.jpg

CazusciBooklog?d=yIl2AUoC8zA CazusciBooklog?d=qj6IDK7rITs

広告

3.29 Notes

ふくい舞 / いくたびの櫻 (ドラマver.)

Posted: 29 Mar 2014 09:07 AM PDT

ふくい舞 / いくたびの櫻 (ドラマVer.)

あの人にああいうことがあって、
それでも次の春を迎えられたことは、
いくら感謝しても足りません。

桜の歌、この歌が、
あの年の桜の歌。

今年も聴く歌。

Cazuscinet?d=yIl2AUoC8zA Cazuscinet?d=qj6IDK7rITs

吉夢二十二物語(上巻)

Posted: 28 Mar 2014 03:49 PM PDT

9784864790369.jpg?_ex=120x120 宇和島が舞台。

CazusciBooklog?d=yIl2AUoC8zA CazusciBooklog?d=qj6IDK7rITs
5iFNTxsJS8U

3.16 Notes

久万に行くのに始めて三坂道路を通りました。とんでもなく楽な道です。こちら側の谷は始めて見る。後で地図で調べなきゃ。さて、目的は、町立久万美術館で最終日の「洲之内徹と現代画廊」三十年あまり前…

Posted: 16 Mar 2014 02:48 AM PDT

久万に行くのに始めて三坂道路を通りました。
とんでもなく楽な道です。

こちら側の谷は始めて見る。
後で地図で調べなきゃ。

さて、目的は、町立久万美術館で最終日の
「洲之内徹と現代画廊」

三十年あまり前から見たかった村山槐多の「裸婦」や、
有名な「ポアソニエール」より心惹かれたものがあるのは、
実際に行ってみる楽しみですね。

ただ、最も心惹かれたのが原画ではなく、
洲之内氏が連載していた雑誌「アルプ」の展示の挿画なのは
ひねくれ過ぎです、我ながら。

曽宮一念という人の、鉛筆での簡素なスケッチ。

帰ってネットで調べると、美しい風景画を残した人。

無知と言うのは楽しいものです。

あと、「ポアソニエール」は印刷物ほど青くない。

実際に、行ってみるものですね。

Cazuscinet?d=yIl2AUoC8zA Cazuscinet?d=qj6IDK7rITs